副業・複業

副業 動画編集の始め方|完全初心者・未経験から3ヶ月以内で「月5万円稼ぐ」方法


質問者
質問者
「動画編集」を副業・複業にしたい。でも始め方がわからない。具体的な方法(手順・必要なもの)を教えてください。
なすお
なすお
こういった疑問に答えます!
本記事のテーマ

副業 動画編集の始め方|完全初心者・未経験から3ヶ月以内で「月5万円稼ぐ」方法

 

副業 動画編集の始め方
  1. 目標設定 :副業・副業 動画編集で「月5万円」稼げるようになる
  2. 環境準備 :パソコンと編集ソフトを用意|初期投資-4万円〜
  3. 基礎学習1:オンライン講座で短期集中で学習|目安-1ヶ月間
  4. 基礎学習2:ポートフォリオ(自己紹介動画)作成|目安-1週間
  5. 営 業  :SNSとクラウドソーシングサイトで依頼募集→初依頼を獲得|目安-1週間
  6. 実 践  :初依頼の動画編集に取り組む→納入|目安-1週間
  7. 目標達成 :⑤⑥を繰り返して「月5万円」稼ぐ|目安-学習開始から3ヶ月以内

 

記事の信頼性
なすお
なすお
記事を書いている僕=“なすお”は、動画編集歴半年ほど。

副業・複業として完全初心者から動画編集を初め、開始から3ヶ月で「月5万円」稼ぐことに成功しました。

なすお
なすお
「副業・複業だからこそ」の作戦がある!

…というポリシーで試行錯誤中。自ら実践している「副業・複業 動画編集」のノウハウを、当ブログとTwitterで発信しています。

 

読者さんへの前置きメッセージ

本記事は、「動画編集を副業・複業にしたいけど、どこから手をつけていいか分からない」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「副業・複業 動画編集の目標設定、具体的な始め方、毎月5万円稼ぐ」までをイメージできるようになります。

なすお
なすお
毎月あと5万円あればライフプランの選択肢が増えるのに。

と感じていた僕を救ってくれたのが、「副業・複業 動画編集」です。

なすお
なすお
控えめに言って、「副業・複業 動画編集で人生が変わった」!!!

そんな僕が、動画編集に感謝の気持ちを込めて、記事を書きました。

それでは、さっそく見ていきましょう!

 

①目標設定 :副業・副業 動画編集で「月5万円」稼げるようになる

目標設定は、「副業・複業 動画編集で“月5万円”稼げるようになる」です。

当記事&ブログでは、あくまでも「副業・複業」としての動画編集にフォーカスします。

動画編集スキルをしっかり身につければ、

  • 動画編集を「本業」にする
  • 動画編集を武器に「転職」して年収アップ

も十分可能ですが、前述したように僕は↓

なすお
なすお
「副業・複業だからこそ」の作戦がある!

というポリシーがあるので、まずは「副業・複業 動画編集で“月5万円”稼げるようになる」を目標にしましょう。

副業・複業 動画編集で“月5万円”のイメージ

副業・複業 動画編集で“月5万円”のイメージは、こんな感じです。

  • 平日…帰宅後(本業終了後)1〜2時間作業
  • 休日…3〜4時間作業
  • 「5〜10分前後、単価5,000円前後」の動画編集を週2本(月8本)程度納入する
  • 「高単価=1本1万円前後」の動画編集を月1本程度納入する

上記は、僕が初めて「副業・複業 動画編集で月5万円」を達成したときのスケジュール感です。

まだピンとこないかもしれませんが、「平日=1〜2時間」「休日=3〜4時間」を動画編集の学習・作業にあてる、とイメージしてください。

なすお
なすお
なんだかイケる気がしませんか?

 

質問者
質問者
本業が忙しすぎて、そんなに時間とれないよ!

↑と思った方は…

なすお
なすお
残念ながら動画編集を副業・複業にするのは難しいです。

少しキビシイ言い方ですが、「平日=1〜2時間」「休日=3〜4時間」程度の学習・作業時間を“作れない”方は、副業 動画編集に向いていません。副業で稼ぐことをあきらめるか、他の手段で稼ぐ手段を考えた方が良いでしょう。

 

ホントに副業・複業 動画編集で「月5万円」稼げるようになる?

ここは断言します!

なすお
なすお
副業・複業 動画編集で「月5万円」稼げるようになることは「簡単」です!
副業・複業 動画編集で「月5万円」稼ぐのが「簡単」な理由
  • 動画編集には「向き・不向き」がない
  • 動画投稿者が増加→動画編集者の需要が増えている
  • 依頼をこなす中で、作業が「効率化」されていく

「正しい方法で」「最短距離」の学習・作業をすれば、必ず「月5万円」は達成できます。以下の手順に従って、副業・複業 動画編集に取り組みましょう!

 

②環境準備 :パソコンと編集ソフトを用意|初期投資-4万円〜

副業・複業 動画編集に必要なのは、以下2点です。

副業・複業 動画編集に必要なモノ
  • PC(メモリ16GB以上)
  • 動画編集ソフト(Adobe Premiere Pro)

それぞれ詳しく解説します。

副業・複業に必要なPCスペック|結論:メモリ16GB以上

パソコンはすでに持っているPCでも構いません。

ただし!「メモリ16GB以上」のスペックが必須条件です。

これからPCを購入する方はくれぐれもご確認ください。(後からメモリを“増設”することも可能な場合もありますが、PCに詳しくない方にはオススメできません)

 

メモリ「8GB」「4GB」ではダメ?

「メモリ8GB」でもなんとかなりますが、「動作が重い」「書き出し(=編集完了後、クライアントにデータを送るための必須作業)にかなりの時間がかかる」など、ストレスが多いです。

メモリの容量が不足すると作業効率が圧倒的に悪くなり、副業・複業としてのコスパが著しく低下します。

なすお
なすお
せっかく編集したデータが完成直後に消えた!?

…という失敗を防ぐためにも、「メモリ16GB以上」を強く推奨します。

 

「Windows」 or 「Mac」?

動画編集に使うPCは、「Windows」or「Mac」のどちらでも構いません。

後述する「動画編集に必要なソフト=Adobe Premiere Pro」は、Windows・Macどちらにも対応しています。

また、販売されている動画編集ソフトの「解説書」「操作マニュアル」も、ほとんどがWindows・Mac両方に対応しています。

使い慣れている方を選んでいただければOKです。

 

「デスクトップ型」or「ノート型」?

動画編集に使うPCは、「デスクトップ型」or「ノート型」のどちらでも構いません。

…が、

なすお
なすお
圧倒的に「デスクトップ型」がオススメです!
動画編集に「デスクトップ型PC」をオススメする理由
  • モニターが大きい
  • コスパが良い
  • 長時間の作業に向いている

特に、「モニターが大きい」というのが1番の理由です。

動画編集はいくつもの「作業画面=ウィンドウ」を行き来しながら作業します。モニターが大きければ、複数のウィンドウを開いたまま編集作業できるので、効率が多幅にアップします。

 

ただしノートPCであっても、上述したように「メモリ16GB以上」であれば、編集作業にはまったく支障ありません。

  • 現在ノートPCを使っている
  • 出張など自宅外で作業することが多い
  • デスクトップ型を設置するスペースがどうしても取れない

というような方は、ノートPCで副業 動画編集スタートするのも全く問題ありません。

なすお
なすお
僕もノートPCで動画編集しています!

 

ちなみに、テレビなどプロの動画編集マンは「2〜3個」のモニターを並べて作業します。

…が、当記事で目標にしている「副業・複業 動画編集で月5万円稼ぐ」ためには、その必要はまったくありませんのでご心配なく。

 

マウスは「必要」or「不要」?

結論は、「マウスは必須ではないが、あれば作業効率が上がる」です。

なすお
なすお
ノートPCの方も、自宅で作業するときはマウスを使うと◎です
マウスが活躍する場面
  • 細かいカット(=映像の必要部分を切り出してつなげる基本的な編集作業)
  • トリミング作業(=写真・イラストの必要部分を切り抜く作業)
  • 長時間の編集作業(マウスがあった方が疲れにくい)

 

とはいえ、必須ではありません。マウスを持っていない方は“マウスなし”で始めてみて、編集に慣れてきたら“マウスを追加購入する”くらいでOKです。

 

マウスのスペックは最低限で問題ありませんが、参考までに僕のおすすめマウスを載せておきます。

なすお
なすお
マウスに11個のボタンが付いていて、それぞれにショートカットを配置できます。作業効率がグッと上がります!

「有線・無線」はお好きな方でOKです。

 

動画編集ソフトは「Adobe Premiere Pro」1択!

動画編集には「動画編集ソフト」が必要です。

ここは断言します。

なすお
なすお
動画編集ソフトは「Adobe Premiere Pro(アドビ・プレミア・プロ)」1択です!!

Adobe社(アドビシステムズ)の動画編集ソフト「Premiere(プレミア)」。その最上位版が「Premiere Pro(プレミア・プロ)」です。(動画編集で「プレミア」と言うときは「プレミア・プロ」を指していることが多い)

「Premiere Pro」は有料。年間で65,760円(税別)です。(←年間一括払い/Photoshop、Illustrator、などを含むプランの場合)

ひと月あたり5,480円(税別)。

質問者
質問者
なかなか高額!

…ですが、ご安心ください。

なすお
なすお
「Premiere Pro」を“お得に”“安く”買う方法があります!

後述しますので、まずは読み進めてください。

 

動画編集ソフトは「Premiere Pro(プレミア・プロ)」1択な理由

動画編集ソフトは「Premiere Pro」1択な理由
  • 使用者が多い(困ったとき、人に聞いたり検索して解決できる可能性が高い)
  • 基礎学習の講座・本は「Premiere Pro」を使って解説しているものが多い
  • 案件によっては「ソフトはPremiere Pro」と指定されることも多い

 

  • 無料の動画編集ソフトを使う
  • 廉価版の「Premiere Elements(プレミア・エレメンツ)を使う

“趣味として”動画編集をするなら、↑でもまったくかまいません。

…が、

なすお
なすお
“副業・復業として”動画編集をするなら、必ず「Premiere Pro」を導入しましょう!

 

「Premiere Pro(プレミア・プロ)」を安く買う方法|知らなきゃ損

「Premiere Pro」は有料。年間で65,760円(税別)です。(←年間一括払い/Photoshop、Illustrator、などを含むプランの場合)

ひと月あたり5,480円(税別)。

質問者
質問者
なかなか高額!

…ですが、ご安心ください。

なすお
なすお
「Premiere Pro」を“お得に”“安く”買う方法があります!

もちろん「正規品」「正規ルートでの購入」です。

 

学生の場合 … Adobe公式から「学割価格」が最安

学生の場合はAdobe公式で「学割価格」(アカデミック版/アカデミックバージョン)が用意されています。

align=”left” border=”blue” bg=”none”]なんと、通常価格の「最大65%OFF」![/chat]

  • 「月々1980円/年間一括払い23,760円(税別)」=通常価格の最大65%OFF!
  • 機能は通常版とまったく同じ(機能制限“なし”)

ちなみにこのプランは「教職員も対象」です。教職員の方はぜひ!(副業・複業が許されているのかはわかりませんが…)

 

社会人の場合 … 通信教育(オンラインスクール)受講で「学生になる」が最安

学割が適用されない、社会人の場合は…。

なすお
なすお
通信教育(オンラインスクール)受講で「学生」になってしまいましょう!

ちょっと裏技っぽい!?

いえいえ!「Premiere Pro」を安く買うための正当な方法です。

 

Adobeには「アドビスクールパートナープログラム」という制度があります。

オンラインスクールなどをパートナーとして認定しており、このスクールの生徒は通信講座を学ぶことで、「Premiere Pro」をはじめとするAdobe製品を“学生価格で”買うことができます。

  • 対象のオンラインスクール(通信講座)を受講することでPremiereを安く買える
  • 動画編集の基礎(Premiere Proの使い方)を動画講座で学べる
  • 講座の受講料込みでも、「Premiere pro」を単体で買うより安い
  • 契約の更新も可能

 

「Premiere Pro」を安く買える、代表的なAdobe認定スクールはコチラの2つ。

(※価格は2019/10/1時点)

キャンペーン価格でさらに安く買える場合もあります。両サイトを見比べて、購入するようにしましょう。

 

「FInal Cut(ファイナル・カット)」ではダメなの?

動画編集ソフトに関する、よくある質問がこちら。

質問者
質問者
ソフトは「Final Cut(ファイナル・カット)」ではダメなの?
なすお
なすお
結論:当記事の目的「完全初心者→副業・復業 動画編集で稼ぐ」のためにはファイナル・カットはNGです。

 

「Final Cut」とはApple(アップル)の動画編集ソフト。Macユーザーだと、「Final Cut」のほうが馴染みがある方も多いですね。

実際、上位版である「Final Cut Pro(ファイナルカット・プロ)」を使って動画製作しているプロはたくさんいます。機能や使い勝手によっては、「Final Cut」の方が「Premiere」より優れている部分も多数あります。

しかし、当記事の目的である「完全初心者→副業・復業 動画編集で稼ぐ」のためにはファイナル・カットはNGです。

理由は、繰り返しですが以下。

動画編集ソフトは「Premiere Pro」1択な理由
  • 使用者が多い(困ったとき、人に聞いたり検索して解決できる可能性が高い)
  • 基礎学習の講座・本は「Premiere Pro」を使って解説しているものが多い
  • 案件によっては「ソフトはPremiere Pro」と指定されることも多い

動画編集ソフトは「Premiere Pro」を使いましょう!

プロの現場ではむしろ「Final Cut 必須(限定)」というような場合もあります。

あくまでも、「副業・複業 動画編集なら『Premiere』」という意味です。

 

③基礎学習1:オンライン講座で短期集中で学習|目安-1ヶ月間

動画編集をはじめる環境が整いました。いよいよ基礎学習です。

基礎学習におけるポイントは、以下の3つ。

  • 独学はNG → 講座(通学orオンライン)を受講
  • オススメは動画編集講座「Movie Hacks(ムービーハックス)」
  • 基礎学習は短期集中で一気に(2週間〜1ヶ月間)

ひとつずつ簡単に解説します。

 

独学はNG → 講座(通学orオンライン)を受講しよう

動画編集の基礎を“独学”(例:初心者用の解説書だけ)で身につけるのは、不可能ではありません。

…が!

なすお
なすお
間違いなく、遠回りになります!

遠回りになる、というのは「初報酬」が遅くなるということ。

そして、初報酬が遅くなると、挫折率が大幅にアップします。

  • 講座(通学orオンライン)を受講する
  • 先輩など身近な人から直接教えてもらう
  • 書籍だけで身につけようとする
  • 編集ソフトを手探り+ネット検索でとりかかる

 

オススメは動画編集講座「MovieHacks(ムービーハックス)」

僕が推奨するのはオンライン講座で学ぶこと。

特にオススメなのが、動画編集講座「MovieHacks(ムービーハックス)」です!

「MovieHacks(ムービーハックス)」とは

「MovieHacks(ムービーハックス)」は、動画編集を体系的に学ぶことができるオンライン講座。基礎となる動画編集の知識に加えて、実際に仕事をやる上での編集のコツも学ぶことができます。

講師は、現役で動画編集者として活躍している、“生ハム帝国”こと「福島寛人」(@nhtk21)さんです。

価格は買い切り49,800円(税込)。

いちど受講(購入)すれば期限はなく、何度でも講義(=解説動画)を見ることができます。

なすお
なすお
僕も「MovieHacks」を受講しました。動画編集の基礎を最短で身につけられる、超オススメのオンライン講座です!

 

「MovieHacks(ムービーハックス)」をオススメする理由

僕が「MovieHacks」をオススメする理由はコチラ。

「MovieHacks」をオススメする理由
  • 講義(解説)が「動画」なのでわかりやすい
  • 講義が実践的(基本的な方法とあわせて、効率アップのノウハウも学べる)
  • 価格がオンライン講座“最安”クラス(49,800円)
  • 受講期間が無期限
  • LINEで講師への質問が可能(講師の“生ハム帝国さん”が直接答えてくださる)

当記事の目標である「副業・複業 動画編集で月5万円稼ぐ」を実現するためのスキルを、挫折することなく最短で身につけることができます。

 

その他の動画編集講座

僕がオススメの動画編集講座は、すでに解説した「MovieHacks(ムービーハックス)」です。

比較のため、その他の動画編集を学べる講座の中から「良い評判」を聞くものをいくつか挙げます。

動画編集を学べる講座
  • a
  • a
  • a
  • a

 

基礎学習は短期集中で一気に(2週間〜1ヶ月間)

 

 

④基礎学習2:ポートフォリオ(自己紹介動画)作成|目安-1週間

続いての基礎学習は「ポートフォリオ」の作成。

(動画編集もふくむ)クリエイティブ業界における「ポートフォリオ」とは、自分の実力・スキルを示す『作品集』のことです。

ポートフォリオを作る意味

ポートフォリオを1つ持っていることが、次のステップ「営業」にあたり非常に重要です。

「編集者がどれくらいの編集スキルを持っているのか」は、過去に作った動画を見るのが一番わかりやすいからです。

動画編集スキルを“作品”でアピール → 動画編集の完成イメージが伝わりやすい

(例)

「僕がこれまでに編集した動画はコチラです!」+動画・画像を提出

動画編集スキルを“言葉で”説明 → 動画編集の完成イメージが伝わりにくい

(例)

「僕は◯◯◯◯を受講して動画編集を学びました。見やすいテロップ、適切なBGM・効果音をつけるのが得意です」

 

質問者
質問者
ポートフォリオの作成…。めんどくさいな…。
なすお
なすお
ポートフォリオを1つ作っておくことで、この後の営業の成功率が大きく変わります。必ず作るようにしましょう!

実際に僕の場合。ポートフォリオとして作った「自己紹介動画」をYouTubeにアップしたわずか1時間後。

動画を見た某有名ゲーム実況YouTuberから編集依頼をいただきました。

 

ポートフォリオ動画作成 3つのポイント

ポートフォリオ動画作成のポイントは、以下の3つ。

  • オススメは自己紹介動画
  • クオリティにこだわりすぎない=とにかく完成を目指す
  • (次のステップの)営業を意識して作る

ひとつずつ簡単に解説します。

 

オススメは自己紹介動画

質問者
質問者
ポートフォリオ動画は何を作ればいいの?編集できる映像なんて持ってないよ…。
なすお
なすお
オススメは自己紹介動画です。

例えばこんな感じ。

↑コレは僕が実際に“基礎学習直後”に作った、自己紹介動画です。

自宅のリビングにカメラ(普通のハンディカメラ)を設置し、

  • 自分が何者(=動画編集者)なのか
  • なぜ「副業・複業 動画編集」を始めようと思ったのか
  • どのようにして動画編集スキルを身につけたのか
  • 動画編集の依頼募集中

といったことを話しています。

スマホ撮影でも構わないし、顔出しがイヤなら僕のようにイラストにしてしまっても問題ありません。

「とにかく何か1つ作る」ということが一番重要ですので、自分一人で撮影できる自己紹介動画から始めてみましょう。

 

クオリティにこだわりすぎない=とにかく「完成&動画アップ」を目指す

質問者
質問者
クオリティが低くて動画をアップできません…。
なすお
なすお
問題ありません!まずはとにかく「完成&動画アップ」を目指しましょう!

ここでもう一度、僕がアップしたポートフォリオ(=自己紹介動画)を見てみます。

なすお
なすお
ハッキリ言って、クオリティ高くはないですよね!?

もちろん、ポートフォリオ動画のクオリティが高いに越したことはありません。

しかし当記事で目指す「副業・複業 動画編集で月5万円稼ぐようになる」のためには、メチャクチャ高い完成度は必要ありません。

繰り返しですが、まずはとにかく「完成&動画アップ」を目指しましょう!

ポートフォリオが「0」か「1」かでは、この後の営業成功率がまったく違いますので。

 

(次のステップの)営業を意識して作る

初めてのポートフォリオは「クオリティにこだわりすぎない」と書きましたが、「現時点で自分ができること」を動画内に詰め込むことは意識しましょう。

例えば、僕が初めて作ったポートフォリオにはこんな要素が詰まっています。

  • カメラに向かっての一人語りをカット編集
  • テロップ(ボイスフォロー、補足の解説キーワード)
  • BGM&効果音
  • イラスト挿入
  • オープニングの簡単なアニメーション
  • サムネイル作成

以上のことをふまえて、再度ご覧ください。

(何度見ても拙いですね。お恥ずかしい…。)

 

ポートフォリオを作る意味は「自分はこれくらいのスキルを持っている」ということを示すため。自分のできることは最大限に盛り込みましょう。

 

⑤営 業  :SNSとクラウドソーシングサイトで依頼募集→初依頼を獲得|目安-1週間

 

  • a
  • a
  • a

 

⑥実 践  :初依頼の動画編集に取り組む→納入|目安-1週間

 

  • a
  • a
  • a

 

⑦目標達成 :⑤⑥を繰り返して「月5万円」稼ぐ|目安-学習開始から3ヶ月以内

 

  • 狙うべきは「継続案件」&「高単価の単発案件」(=「効率」&「スキルアップ」)
  • 動画編集しながら、営業もする
  • 単価アップを意識する(時給換算、作業コストで考える)

 

まとめ