お金

新婚3年目までに読まなきゃ損する!「結婚したらすぐ考えるお金のこと」(カタノトモコ)

結婚したらすぐ考えるお金のこと

質問者
質問者
結婚をキッカケにそろそろ夫婦でお金のことを考えなくては。何から始めたらいい?
なすお
なすお
コミックエッセイ「結婚したらすぐ考えるお金のこと」がオススメです!

こんにちは、“なすお”です♫

結婚をキッカケに急にリアルになるのが、「お金」のこと

恥ずかしながら僕は、結婚するまではどちらかといえばお金のことには無頓着な方で…。そして妻も同じく無頓着なタイプで。

結婚式&ハネムーンは貯金と親の援助でなんとかなったものの、いざ一緒に住み始めて家計を突き合わせてみると…。

なすお
なすお
あれ!?もしかして、けっこうマズイかも!?

 

なすお
なすお
これはいよいよなんとかせねば!

決心してお金についての勉強を始めたとき、とても参考になったのが、このコミックエッセイ「結婚したらすぐ考えるお金のこと」(カタノトモコ)です。

 

「結婚したらすぐ考えるお金のこと」(カタノトモコ)には、新婚夫婦が実践すべき節約・貯金のノウハウ

さらには、「お金を貯めて夢を叶える」ための考え方が満載

なすお
なすお
新婚3年目までに読まなきゃ損する!

と心からオススメする一冊です!

 

「結婚したらすぐ考えるお金のこと」(カタノトモコ):内容紹介

「結婚したらすぐ考えるお金のこと」(カタノトモコ)は、新婚3年目までに必ず読むべき一冊!

贅沢をしている訳でもないのに、なぜか常に「お金がない」。2人の今後のお金、どうすればいいの!?

新婚夫婦にありがちのそんな悩みを、ファイナンシャル・プランナーの先生に相談しながら一つずつ解決していくコミックエッセイです。

 

この本に登場するファイナンシャル・プランナーの畠中先生によると、

夫婦ゲンカの原因の8割はお金のこと

結婚したら考えるお金のこと(カタノトモコ)より引用

なすお
なすお
そうなの!?

 

「結婚したら考えるお金のこと」では、「なんのためにお金を貯めるのか、夫婦で共有しよう!」という、“目的”を大事にしています。この本で解説されている「ウィッシュリスト」を夫婦で書いてみると、優先順位がハッキリして◎です!

いつまでも仲良し夫婦でいるための“お金ルール”をこの本で学びましょう!

同じく畠中雅子先生監修の、こちらの↓コミックエッセイもおすすめです。あわせてどうぞ!

「結婚したらすぐ考えるお金のこと」を読んで『なるほど!』だった3つのこと

「結婚したらすぐ考えるお金のこと」を読んで、僕が特に『なるほど!』と思ったのは、この3つ。

「結婚したらすぐ考えるお金のこと」を読んで『なるほど!』だったこと
  • 「夫婦ゲンカの8割はお金のこと」と認識する
  • 「なんのためにお金を貯めるのか」夫婦で話し合って明確にする
  • 「旅行積立」を先取り貯蓄として活用する

「夫婦ゲンカの8割はお金のこと」と認識する

この本に登場するファイナンシャル・プランナーの畠中先生によると、

夫婦ゲンカの原因の8割はお金のこと

結婚したら考えるお金のこと(カタノトモコ)より引用

なすお
なすお
それはさすがにウソでしょ!?

と思いましたが、友人や先輩・後輩から聞いたケンカの理由を思い出してみると…。

なすお
なすお
確かに!ほとんどの夫婦喧嘩に「お金」が関わっているかも!?

 

逆に考えれば、「お金のことをしっかりすれば、夫婦喧嘩は起こらない!?」。

「夫婦ゲンカの原因の8割はお金のこと」という現実をしっかり受け止め、お金に向きあうモチベーションになりました。

「なんのためにお金を貯めるのか」夫婦で話し合って明確にする

「結婚したら考えるお金のこと」では、「なんのためにお金を貯めるのか、夫婦で共有しよう!」という、“目的”を大事にしています

確かに、漠然と「お金貯めなきゃな〜」では、100%貯まらないですよね!心当たりあるはず!

僕が結婚するまでお金たまらなかったのは、お金を貯める“目的”がなかったからなんですね。

それが結婚すると一変。

  • 結婚式
  • 結婚指輪
  • ハネムーン
  • 出産
  • 育児
  • 学費
  • マイホーム ………………

などなど、お金の貯める必要性が出てきます。

 

「結婚したら考えるお金のこと」には、夫婦で話し合い、お金を貯める“目的”をハッキリさせようと書かれています。

具体的に、例えば「ウィッシュリスト」を夫婦で書く方法などが示されています。実践して、「お金を貯めて叶えたい夢」を明確化しましょう

「旅行積立」を先取り貯蓄として活用する

貯金の具体的な方法として書かれているのが「先取り貯蓄」。

文字通り、給与から貯金分を“先に”抜き、毎月確実に貯金を増やしていく方法です。

 

先取り貯蓄の重要性は他の本などにも書かれており、すでによく知られていること。

「結婚したら考えるお金のこと」では、さらに「旅行積立」というものが紹介されていました。

 

「旅行積立」とは、旅行費用を積立していくサービス。

  • 知らないうちに貯まっていく
  • 積立金にプラスαのサービス額がつく

ことから、「銀行に預けるより断然おトク!」とのこと。

 

旅行積立は

  • JTB
  • H.I.S.
  • 近畿日本ツーリスト

などが扱っているとのこと。

僕たち夫婦も旅行が趣味なので、「旅行積立」の利用を検討中です。

 

「結婚したらすぐ考えるお金のこと」を読んで『う〜ん…』だったこと

一方、「結婚したらすぐ考えるお金のこと」を読んで、僕が『う〜ん…』と思ったのは、こちら。

「結婚したらすぐ考えるお金のこと」を読んで『う〜ん…』だったこと
  • 「学資保険」はイマイチなのでは…

学資保険とは、その名の通り、子どもの学資金(教育資金)を準備するための貯蓄型の保険のことです。毎月決まった額の保険料を払うことで、子どもの成長に合わせた進学準備金や満期学資金を受け取ることができます。

ソニー生命 HPより引用

「先取り貯蓄」という意味では、子どもの学資金を確実に貯められる良い制度。

一方。中期的な貯蓄という意味では、もっとリターンが期待できる投資方法(例えば投資信託)もあると考えられます。

僕がこれまで読んだ「お金」についての本・雑誌では、「学資保険は時代遅れ」というスタンスが多数派でした。

そのため、学資保険は「確実に貯金できる制度」ではありますが、現代に即したもっと良いお金の貯め方もあるのでは!?と思ってしまいました。

 

まとめ

「結婚したらすぐ考えるお金のこと」を読んで、僕が特に『なるほど!』と思ったことをまとめました。

「結婚したらすぐ考えるお金のこと」を読んで『なるほど!』だったこと
  • 「夫婦ゲンカの8割はお金のこと」と認識する
  • 「なんのためにお金を貯めるのか」夫婦で話し合って明確にする
  • 「旅行積立」を先取り貯蓄として活用する

 

お金のことは新婚3年目までに整えておきましょう!

「結婚したらすぐ考えるお金のこと」がきっと参考になるはず。いつまでも仲良し夫婦でいるための“お金ルール”をこの本で学びましょう!

関連記事の投稿