育児・家事

“なすお”が育休取得を決断した5つの理由+α

“なすお”が育休取得を決断した5つの理由+α

質問パパ
質問パパ
育休取ろうと思っているんだけど…。なんとなく決断できなくて…。

なすお
なすお
育休取得イイですね!ぜひぜひ取りましょう!

なすお
なすお
結論:理由はなんでもいいので、育休取りましょう!

こんにちは、“なすお”です♫

ぼくは今年(2019年)の秋に、約3ヶ月間の育休をとります。すでに上司とは相談済み。仕事の引き継ぎ、妻は仕事復帰の準備など、着々と進めているところです。

絶賛子育て中_前向き抱っこ“なすお”は絶賛子育て中!

育休に入る前に、「なぜ育休を取ろうと決めたのか」自分なりにあらためて整理してみました。

  • “なすお”が育休取得を決めた5つの理由
  • 育休を取るか迷っているパパの背中を押したい!

なすお
なすお
すべて“ぼくの場合”のお話ですが、育休を取るか迷っている方の背中を少しでも押せたらうれしいです!

“なすお”が育休取得を決断した5つの理由

なすお
なすお
“なすお”が「どうして育休を取ろうと思ったのか」。思いつくままに挙げてみました。

“なすお”が育休取得を決断した理由

  • 妻が仕事復帰するから
  • 育児・家事に集中的に取り組みたかったから
  • 「これからの働き方」を模索したかったから
  • 僕たち夫婦は「子育ての環境は悪くない」→なのに“キツイ!”と感じたから
  • Twitter&ブログには育休を取得してイキイキしている方が多かったから

このように理由が5つ挙がりました。

なすお
なすお
自分で思っていたよりも多かった!笑

この5つの理由の中に、当てはまるものはありましたか!?

それでは、一つずつ詳しく見ていきます。

育休取得を決断した理由1:妻が仕事復帰するから

1つめの理由は、「妻が仕事復帰するから」です。

妻はもともと仕事が大好き。妊娠前から、「子供ができても働きたい」と言っていました。

なすお
なすお
大賛成!

家族会議の結果、妻は出産後10ヶ月のタイミングで仕事復帰することにしました。

ここで一つ、課題が。妻は職場復帰ではなく、新しい職場で勤務するんです。

今まで働いていたところに復帰するのでもひと苦労なのに、新しい職場に勤めるのは身体的にも精神的にもキツイはず!

妻の仕事復帰時に負担を少しでも軽くするために、“バトンタッチ型”で僕が育休を取ることにしました。

子育て中の妻01

質問者
質問者
“バトンタッチ型”って何?

なすお
なすお
“育休をとるタイミング”のことです。「バトンタッチ型」は「妻の仕事復帰と入れ替わりで、夫が育休をとる」ことです。

育児休業取得タイプ育児休業取得タイプ|出典:NPO法人ファザーリング・ジャパン

なすお
なすお
育休を考える際は、とる“タイミング”も一緒に考えることが大事です!

育休をとるタイミングの違いによるメリット・デメリットを知るには、「新しいパパの教科書」(ファザーリング・ジャパン著)がオススメです!

育休取得を決断した理由2:育児・家事に集中的に取り組みたかったから

2つめの理由は、「育児・家事に集中的に取り組みたかったから」です。

出産直後からの約2ヶ月、僕の仕事がちょうど忙しくなり、帰りが遅くなってしまいました。(今思えば能力不足、決断不足、会社でのコミュニケーション不足ですが…)

そのため、育児の負担が妻に!僕の育児スキルは、スタートで圧倒的に出遅れてしまいました。

「せめて休みの日に頑張ろう!」と意気込むも、妻には「やり方が全然違う」とイライラされる始末。

…というようなこともあり、

なすお
なすお
休日に少し頑張ったくらいでは育児のスキル不足は解消されない!

と痛感しました。

その反省から、「育児・家事に集中的に取り組む期間を作りたい!」=「育休取得」を決めました。

育休取得を決断した理由3:「これからの働き方」を模索したかったから

3つ目の理由は、「『これからの働き方』を模索したかったから」です。

新しい生き方とは例えば、「ノマドワーカー」「パラレルワーカー」「田舎でPCひとつで企業」「仮想通貨で◯◯◯◯」「ミニマリスト」などなど…。ネットや書籍・雑誌で新しい時代の働き方をする人たちに、どこか憧れを抱いていました。

なすお
なすお
でも僕は「安定志向」な性格。サラリーマンならではの安定感も捨てられない!

先に挙げた「新しい生き方」は僕の会社では(今のところ)“ほぼ不可能”。

…とモヤモヤしていたところ、

なすお
なすお
「男性の育休取得」は会社的には“新しい挑戦”なのではないか!?

と思いつきました。

なすお
なすお
小さな一歩だけど、僕も「新しい時代の生き方」ができるかも!

子育て中_読み聞かせ

育休取得を決断した理由4:、僕たち夫婦は「子育ての環境は悪くない」→なのに“キツイ!”と感じたから

4つ目の理由は、僕たち夫婦は「子育ての環境は悪くない」→なのに“キツイ!”と感じたからです。

僕たち夫婦の、子育て環境はこんな感じです。

僕たち夫婦の子育て環境

  • 出産後、妻子ともにとても健康。妻に疲れはあるものの、大きなトラブルなし
  • お義母さん(車で30分ほどのところに住んでいる)が週1~2で助けにきてくださり、妻と僕をサポート
  • 僕は大企業勤めなので、福利厚生による金銭面のサポートあり
  • 僕の先輩・上司はとても気を遣ってくださり、少しでも早く帰そうとしてくれた

このように、子育てをする条件・環境のトータルとしては悪くないはず。

なすお
なすお
…なのに、やっぱりキツイんですよね!

「子育てとはそういうものだ」「みんなその道を通ってきた」ということは百も承知です。でもやっぱりキツイ!!

この状態を数年間続けるのは不可能。ましてや共働きでこの状態は無理だ!

…でも…

なすお
なすお
僕が育休をとれば、改善するかも!?

離乳食デビュー

育休取得を決断した理由5:SNS上に育休を取得してイキイキしている方が多かったから

以上の理由1~4で、育休取得を前向きに考え始めた僕。

しかし、「育休をとれる雰囲気じゃないかも?」「育休のデメリットもあるのでは?」というネガティブな感情もありました。

残念ながら会社や近い友人にも育休を取った人は見当たらず、相談もできない。そんな時、ネットで情報収集してみると…、

なすお
なすお
男性の育休取得へのポジティブな発言がなんと多いことか!

特にTwitterで「育休 男」などとキーワード検索してみると、ズラ~~~~~~っと出てくるんですね!!

そして、そんな皆さんのツィートやブログを見てみると、とてもイキイキしている!

背中を押され、育休取得の決意をさらに強くしました

まとめ|結局は「娘と過ごす貴重な時間を大切にしたい」!!

以上、僕が「育休取得(3~4ヶ月)を決断した5つの理由」でした。

まとめます。

“なすお”が育休取得を決断した理由

  • 妻が仕事復帰するから
  • 育児・家事に集中的に取り組みたかったから
  • 「これからの働き方」を模索したかったから
  • 僕たち夫婦は「子育ての環境は悪くない」→なのに“キツイ!”と感じたから
  • Twitter&ブログには育休を取得してイキイキしている方が多かったから

でも結局は、

なすお
なすお
娘がとにかく可愛い!!娘と過ごす貴重な時間を大切にしたい!!

↑シンプルにこれが、圧倒的に一番大きな本音です。

この正直な気持ちをハッキリ持ち、「育休取得への逆風」にも立ち向かっていきます!

 

(↑ある日の僕のツィート)

なすお
なすお
結論:理由はなんでもいいので、育休取りましょう!

 

【参考】育休取得に向けての知識・体験談は得るには、「新しいパパの教科書」(ファザーリング・ジャパン著)がオススメです!一度目を通せば知識もつくし、ポジティブな気持ちになれます♫